動物性 海洋性 コラーゲン

動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンの違い

コラーゲンが入っている商品を見てみると「動物性コラーゲン」だったり「海洋性コラーゲン」だったりします。どちらも確かにコラーゲンなのですがその原料によって名称が違います。

 

動物性コラーゲンは馬・豚・鳥などを原料としたコラーゲンで大量生産が可能なため比較的安価で手に入ります。以前は牛を原料としたものもありましたが、狂牛病の問題で利用されることは無くなりました。また熱に強いため料理に向いているので「コラーゲン鍋」などは動物性コラーゲンを利用したものでしょう。

 

しかし動物性コラーゲンはコラーゲンの他に脂質やカルシウムなど混ざりものによって純度が下がり、動物臭さが強く残っているものが多いです。更に動物性コラーゲンは分子量が大きいため食事から摂取しても吸収されにくいのが難点です。

 

海洋性コラーゲンは魚の骨・皮・うろこから取れたコラーゲンで「マリンコラーゲン」や「フィッシュコラーゲン」と呼ばれることもあります。動物性コラーゲンに比べて多少高価ですが、臭みも減少し分子量も小さくなっているため体への吸収しやすいのが魅力です。しかし海洋性コラーゲンは熱に弱いため加熱調理には向きません。